So-net無料ブログ作成

ハンドメイドで参加する被災地支援【1】 ~被災地に手づくり〇〇を~

 ------『Gran-Bagプロジェクト』にご参加下さいました皆さま。

 せっかく御縁が出来た皆さまと
このまま御縁がなくなってしまうのは、ちょっとさびしい・・・と考えましたワタクシ、
「ハンドメイドで出来る被災地支援についてのブログ」
作ってみることにしました。

 ------あ、今、こう思われたかた。 ↓

 「・・・やっとバッグ作りが終わったところで、次のハンドメイドなんて考えられないよ」

 ------もっともです。
こんな事を書いている私自身、前回の絵日記でも描きましたように
腱鞘炎の疑いで、しばらくハンドメイドは自粛中の身です(苦笑)。

 ------でも、もしも。

「なんか、針と糸を動かして被災地支援がしたい・・・」

 というお気持ちになられたときに。ぜひ覗いてみていただけないでしょうか。


 といっても、こういう試みは初めてのことなので
上手くいくかはわかりません(汗)。しかも、ブログの内容もまだハッキリ決まってなかったり(大汗)。

 私自身としては、
「秋ごろ、こういうハンドメイド支援が出来るといいな・・・」と
考えているアイディアは無いこともないのですが、
被災地に全く土地勘も知人も無いので
『Gran-Bagプロジェクト』のUmeちゃんたちの様なかたがたが協力して下さらないと
難しいかなあ・・・とも悩んでいるところです。

 ご要望があることは知っているし、作りたいとも思っているのですが、
現地で配って下さるかたがいないと現実の支援は難しい------せっかくハンドメイドして
いただいたのに、倉庫でに山積みされてしまうというのでは
作って下さったかたに申し訳ない------と、こういう心配をしないで良かったので
やはり『Gran-Bagプロジェクト』ではUmeちゃんたち現地で配布してくださるかたの
存在は大きいなあ・・・と、改めて思っている次第です。

 などなど、いろいろ迷ったり考え込んだりすることもあるのですが、
とりあえずブログを立ち上げることだけは決心しましたので
よろしければときどき覗きにいらしてみて下さいね。↓


「(仮称)お針とお糸で支援しよう」
http://ameblo.jp/kok-bluesky/




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

【後日談日記】右手の人差し指が・・・ ~被災地に手づくりバッグを~

 少し前から感じていたのですが、右手の人差指の違和感。

 普段は全く平気なんだけど、
特定の方向に力がかかると、鈍く痛みます。

 ------う~ん、やっぱりアレかなあ・・・。

 ワタクシ、基本的にはバッグもポーチもミシンで縫っていたのですが、
どうしても、手縫いが必要な部分は出てくるわけで・・・。

 特に、今回なんて、バッグのファスナー付けは
手縫いの方が失敗の確率が低いことに気づいてからは
(ミシンでやると、必ずと言っていいほど、ほどいて縫い直しになるワタクシ。なぜだ。)
短いファスナー付けはほとんど手縫いを採用したりして。
 でも、ファスナーの布の部分って、カタイですよね。

 でも、それでも
手縫いでバッグを縫われていたかたに比べたら全然
指への負担は少なかったはず------なのですが。

腱鞘炎.jpg

 手縫いでバッグを縫われていたかたたちは
さぞかし指に負担がかかったことでしょう、と
今さらながら思い到りました・・・。

 いえ、手縫いだけでなく、
ミシン縫いもけっこうたいへんでしたよね。「丈夫なバッグ」を目指して作っていたので
カタイ部分もあったし(ファスナーだけでなく、カラーテープとかのヒモ部分とか)。


 みなさま------手縫いのかたもミシン縫いのかたも------
本当にお疲れさまでした。



 p.s. 今日は、主催者Umeちゃんをはじめとする配布部隊は
    福島の方でバッグを配ったようです。もう、私たちには何もできなくて------
    北の方に念を送って応援するしかないなあ。

     みんなが無事で、配り終えることが出来ますように。



Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

Gran-Bagプロジェクト、手づくりバッグ募集終了しました。

 みなさま、ご存知の通りGran-Bagプロジェクトでは
手づくりバッグの募集を終了しました。

 以前の記事を見て「まだ募集中」と勘違いなさるかたがいらっしゃって
どなたかにご迷惑がかかると困りますので、
バッグの作り方など、いったん非公開にさせていただきますね。

 後日、記載の方法を変更するなどして再び公開にするかは
ただいま考えているところです。


 

                                      けい(K.O.K)拝


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

【おまけ】後日談日記 ~被災地に手づくりバッグを~

 ここまでバッグ作りなどにお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございます。

 皆さんとは、本当にお名残り惜しい・・・ということで、実はワタクシ、
ふだんは別の普段きものブログやmixiで絵日記など描いていたものですから、
『Gran-Bag プロジェクト』でも、何回か、おまけの絵日記を描こうと思います。

 良かったらお付き合いくださいね。  (^-^)


       ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


 ここ何年か、すっかりミシンとの友情が薄れていた私、
普段は布やら素材箱はクローゼットの奥や押し入れに入っているのですが・・・

 今回バッグを作るにあたり、当初は
布やら素材やらを出したり仕舞ったり、出したり仕舞ったり・・・とやっていたのですが、
だんだん面倒くさくなってきました。

 だって、仕舞ったってまた次の日に出すんだもん。

 とか思い始めたら。
作業はリビングのテーブルでやっていたので、自室が、こんな事に。 ↓

ボラ・カオス.jpg
---------------------------------------------------


 3月の震災からこっち、やたらミシンを稼働していたので
これから何日かかけて自室の大掃除をしなければなりません。

 バッグを何枚か作られた皆さんも同じだったのでは・・・?


 ・・・ついでに、衣替えもしないと~。コートも仕舞わないと~。
うう…何日かかるかな。(遠い目)




Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【クイズ】おばあちゃん用おまけポーチ

 前回発送のときは、バッグに合わせて既製品のポーチを入れたのだけど、
今回発送する分のおばあちゃん用バッグには、実は
余り布で作ったポーチをオマケで入れました。

 ------そこで問題です。

 どのポーチを、どのバッグに入れたでしょう?

 ・・・これまで、ずっとこのブログを見続けて下さったかたは
「たぶんコレはあのバッグに付けたのね?」と
ポーチを見ただけで、なんとなく見当がつくのではないかと思います。

ポーチ_羽織+抹茶.JPG ポーチ_黒花.JPG ポーチ_羽織+レース.JPG ポーチ_羽織+チェック.JPG ポーチ_クローバー.JPG

 最後の2つのタイプのポーチは、裏地つきでも
ボディバッグの応用でカンタンにできることを発見し
(バッグのヒモの代わりにファスナーを挟んで縫うだけ)
「ポーチ、裏地をつけなきゃいけないタイプは難しそう・・・」と、これまでは敬遠
していたのだけど、調子に乗って立て続けに作ってみたり(笑)。

 別に裏地の袋を縫わないでいいというのはやっぱりラクチンです[るんるん]

 ちなみにポーチに合わせたバッグはこれらです。↓
 (順不同)

バッグ_黒花.JPG バッグ_羽織チェック.JPG バッグレース.JPG バッグ_ビビッド.JPG バッグ_クローバー.JPG

 ・・・それにしても、
余りギレをやりくりしてポーチを作るのはけっこう大変でした。
だって、けっこう「使いきった」感が既にあったのだもの。

 なので、あちこちはぎ合わせたり
それでも足りない分は別の布を足したりしてました(笑)。

 ------で、回答ですが。
こんな感じでバッグとポーチを組み合わせました。 ↓

組み合わせ_黒花.JPG 組み合わせ_羽織レース.JPG 組み合わせ_羽織ビビッド.JPG 組み合わせ_羽織チェック.JPG 組み合わせ_クローバー.JPG


 一応、バッグのテイストがポーチのどこかに出ている様にしました。
(といっても、余り切れの量の関係で、足りなくて全く別の布を使ってりもしてますが)

 おばあちゃんたち、ポーチもセットで楽しく使ってくれるといいな。


p.s. そういえば------以前作った牡丹色×黄緑のボディバッグ、
   (色のインパクト以外がつるっぺたで)
   あまりにシンプルだったので「どうにかしたいなあ・・・?」と思っていたら、
   たまたま本で同じ色合いの組み合わせのバッグを見かけて------パリの雑貨の本でした------
   コサージュがついているのを見てマネっこしてみました。
    取り外して、お洋服にも付けられるコサージュです。

羽織ビビッド_コサージュ.JPG    
 
   (ご高齢だとちょっと派手かなあ…とも思ったのですが、
   華やかなもの、キレイなもの-----お好きな方にはアキラメて欲しくないなあ・・・と思い切って)

    ------きもののバッグにパリのエスプリ?




Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

古地図のメッセンジャー・バッグ ~被災地に手づくりバッグを~

 さて、エントリーナンバー18、おじいちゃんのためのショルダー・バッグです。
バッグはこれがラスト。

 たまたま我が家にあったプラスティック・バックルを使いたかったので、
メッセンジャーバッグを応用したバッグを作ってみました。

古地図バッグ_畳み_前.JPG 古地図バッグ_畳み_後.JPG

 古地図の柄のキャンバス地です。アップにするとこんな柄。 ↓

古地図バッグ_アップ.JPG

 我が家にあったのはこのバックル。何ていうバックルなんでしょうね? ↓

古地図_バックル.JPG

 長く伸ばして、手提げバッグとして使うときはこんな感じ。

古地図バッグ_ロング_前.JPG 古地図バッグ_ロング_後.JPG

 このバッグ、実はボディ・バックの作りかた(4枚重ねて一気に縫う方法)で作りました。

 最初の頃、表布で袋状のものを作って、裏地でも同じようなものを作って----でも返し口を
縫い残しておいて、あとで表に返した後に手かがりしたりて-----と作っていたころが(悪)夢のよう。

 工夫するとマチも作れます。
(【ヒント】折紙の「奴さん」の顔の部分をイメージして折る感じ)

 これも、前の作りかただと、裏返す前に
表ウラの角と角を合わせて縫っていたんだけど、
方向を間違えて中で捻じれたりしてたなあ・・・(遠い目)。

 ちなみに、オットによるメンズ認定が取れたかという問題なのですが・・・ 
「男女どちらでもいい感じだね」だそうです。

 ------あ~、また中性的だったのか。今度こそ、
「古地図は男のロマンが漂いそうだからイケル」と思ってたのに。

 ちなみに、今回のバッグは、
ライトを反射する黄色のカラーテープが余っていたので
布を買いに手芸屋さんで見つけた布で作りました。

 ショルダーひもがこれだけ派手なんだから、バッグ本体は地味目で作ろう、と(笑)。


 ・・・というわけで、Gran-Bagプロジェクト用のバッグ作品は今回でおしまい。
次回の記事はオマケです。------乞う、ご期待(笑)。





Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

おじいちゃんのためのシンプル(?)ボディ・バッグ ~被災地に手づくりバッグを~

 さて、エントリーナンバー17、おじいちゃんのためのショルダー・バッグです。

 スェードの焦げ茶と、綿ピケのパープルで
ファスナー付きの、一見シンプルなボディ・バッグですが・・・

スェード+紫のシンプルナボディ・バッグ_前.JPG

 後側はこうです。↓

スェード+紫のシンプルナボディ・バッグ_後.JPG

 これまで何度も登場していた和柄のプリント地をポケットにしました。
ポケットは二重。黒のギンガムチェックでバッグと同じ幅の大きいポケットと、和柄のポケット。

 そして、バッグの内側も・・・ ↓

スェード+紫のシンプル_中味アップ.JPG

 こんな感じで隠れたおしゃれシリーズです。


 でも、実はこのバッグ、正面側だけ見せたときは
オットに「メンズ」と認定して貰えなかったのです。「微妙・・・」だそうで。

 かろうじて、裏側の和柄でメンズ認定…かなあ。

 どうも、私が作るとレディース寄りになってしまうようです・・・なぜだ(笑)。




Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ひとことコメント、ぜひお願いします。 ~被災地に手づくりバッグを~

 みなさまのバッグ制作もそろそろ終盤ですね。

 寂しいですが、こちらのブログの役目もそろそろ終わりの様です。

 ------そこで、みなさまにお願いがあります。

 足跡がわりに、ひとことコメントをこちらの記事にいただけないでしょうか?

 こちらのブログ、特に「一番カンタンなバッグの作りかた」などはアクセス数が
のべ1,500ほどにもなり、みなさんにご覧いただいているのはわかっているのですが
「いったいどんなかたに見ていただいているんだろう・・・?」
ずっと思っていたのです。
 なので------もしも。よろしければ、ぜひ☆

あしあと.jpg
(・・・あ。はずかしがり屋さんは、ひとこと「非公開希望」とコメントにお書き下されば
コメントの公開はしません。私がひとりでこっそり読ませていただきますね。
ただ、非公開の場合は、このブログでのお返事が出来なくなってしまいますが・・・)

 コメントの際にお持ちのブログやhpへのリンクなども残していただけると嬉しいです。

 ただ・・・申し訳ないのですが、アダルトサイトや営業への勧誘などを防止するため
コメントは「承認」制とさせていただくことをあらかじめお断りさせていただきます。

(もちろん、アダルト的コメントや営業的コメントはお断りさせていただき、私の判断で
非掲載とし、あるいは予告なく削除させていただきます。ごめんなさいね。)



 ------あ。
バッグの方にも、ぜひ一言メッセージを添えて下さいね。
バッグを受け取られたかたに喜ばれるそうです。

 あなたのお気持ちを、ぜひ。

 こんなメッセージカードも用意していますのでご自由にお使い下さいね。 ↓
ハガキ大のカードに印刷していただいて、縦長に切っていただくと2枚のカードになります。

Granプロ【日本と海外から】.jpg
 あなたの優しいお気持ちを現地に届けるお手伝いが出来れば嬉しいです。

 タテ長のタテを半分に折っていただいても小っちゃなカードになって可愛いですし、
小さな水色の「〇」に穴を開けていただいて、糸を通して
バッグのひもなどに結んでいただいても、タグとか栞みたいで可愛いと思います。




Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

年に一度だけ洋風になる和柄のバッグ ~被災地に手づくりバッグを~

 エントリーナンバー16、おばあちゃんのための手さげバッグです。

 何回か前と同じ羽織をメイン材料に、
同色系の紫のチェックと組み合わせてみました。

羽織+チェック手提げ_表.JPG

 ショルダーバッグが熱烈歓迎募集中なんだけど、どうしてもこのバッグは
手さげで作りたかった理由があったのです。

 それは------手さげバッグが一番裏返して使いやすいから。

 このバッグ、普段はこっち側を表にして使いますが ↓

羽織+チェック手提げ_表.JPG

 あるシーズンだけは、ぜひ、コチラの裏側を表側にして使って欲しいのです。↓

羽織+チェック手提げ_裏前.JPG 羽織+チェック手提げ_裏後.JPG

 ------ハイ、それは12月、クリスマスシーズンですね。

羽織+チェック手提げ_アップ.JPG

 普段は羽織の「和柄」だけど、年に1度だけ
「洋風」のクリスマス柄にヘンシ~~ン[るんるん]
という、バッグを作りたかったのです[手(チョキ)]

 ・・・でも、この羽織の布は果てしなく無地っぽいから
よほどのおきもの好きのかたじゃないと「和柄」ってわからないかもね(笑)。


 ※なお、この手提げバッグは、今までの手提げバッグとは違う作りかたをしました。 
つまりは、ボディ・バッグの作り方で。(ヒモの付け方だけ変えて)
 以前の、「内袋を別に作って合体させる」作り方よりも段違いにカンタンでした!

 マチも付けることもできますし、最初からこの方法を知っていればよかった(泣)。



Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

おじいちゃんのためのギンガム・チェックのバッグ ~被災地に手づくりバッグを~

 もう、必着の締め切りまでは1週間を切りましたね。
みなさまのバッグ、着々と完成しているのでは・・・と想像すると楽しいです。

 さて、エントリーナンバー15、おじいちゃんのためのショルダー・バッグです。
緑のポケットがアクセントの、ボディ・バッグです。

ギンガム蓋つきショルダー_前.JPG ギンガム蓋つきショルダー_後.JPG
 ひもが、ライトを反射して光るタイプです。安全を考えて使っています。

 こちらも、杖が手放せないおじいちゃんのための小さめバッグです。

 ホントは、牡丹色の蓋をつけておばあちゃん用にしようと思っていたんだけど、
おじいちゃん用が足りないみたいなので急遽路線変更しておじいちゃん用に。
(オットに見て貰ったら、蓋をブルーのギンガムにすると中性的になるので
おじいちゃんでもイケるということだったので)

 これもボディ・バッグに蓋をつけたんだけど、前回のものよりは大きめ(というか長め)です。

 前回同様に、ふたの部分にファスナーをつけました。

ギンガム蓋つきショルダー_アップ.JPG

 同じように蓋が開かないようにするための
プラスティック・バックルを付けようか悩んだんだけど、今回はナシで。

 バッグの内側はこんな感じ。

ギンガム蓋つきショルダー_裏フラップ.JPG ギンガム蓋つきショルダー_裏後.JPG

 紫・青・黒の3色のギンガムチェックを使って
カジュアルな感じのギンガムチェックのショルダーバッグになりました。

ギンガム蓋つきショルダー_チェックアップ.JPG






Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。