So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年04月 |2011年05月 ブログトップ
前の10件 | -

◆長さ調節できるヒモの作りかた(3)◆リボンタイプ ~被災地に手づくりバッグを~

『ヒモの作りかたシリーズ』、その3◆リボンタイプ◆です。

 つまりは、以前作ったこのバッグのヒモです。 ↓

えんじ+紫ひもショルダー_前.JPG えんじ+紫ひもショルダー_後.JPG
 リボンだから、おばあちゃん向きですね。

 これを作るために、
布で作った、5センチ幅×長さ165センチのヒモを1本、
2つに切って使いました。それで、ナナメ掛けしてギリギリリボン結びが出来るくらい。

 なので、もう少し長い方が安心かも。(でもまあ、私の身長は163センチなので、
それより背の高いおばあちゃんは滅多にいらっしゃらないのでギリOKかも。)

<材料>-----------------------------------------------------------------

 ・肩かけ紐 : 布で作ったもの165センチ以上×1本

          または
          長めのヒモ(90センチ程度)×1本 と 
          短めのヒモ(75センチ程度)×1本 で、2本の合計が165センチ以上とすること
------------------------------------------------------------------------------

<リボンタイプのヒモの作りかた>

■注意■
1本のヒモを切って2本とする時は、くれぐれも丁度半分のところで切らないこと。

 結び目のグリグリが肩にかかると痛いし、
前か後ろにずれていた方がデザイン的にも可愛いので。

 あとは、ご自分の好みで調整して切って、バッグに縫い付けて下さい。

 ------で、出来あがり。 ↓

えんじ+紫ひもショルダー_前.JPG
ちなみに、バッグ本体のサイズは、タテ30センチ強×横40センチ強の
大きめのショルダーバッグです。バランスのご参考まで。


 
Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

ご興味があるかたは、詳しくはコチラへ↓

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

◆長さ調節できるヒモの作りかた(2)◆Dカンを使う方法 ~被災地に手づくりバッグを~

 今回も、「ヒモの長さを調節できるようにしたいなあ・・・」と思ったかたのための、
『ヒモの作りかたシリーズ』、その2◆Dカンを使う方法◆です。

Dカン.JPG

 つまりは、以前作ったこのバッグのヒモです。 ↓

ユニオンジャックショルダー_前.JPG ユニオンジャックショルダー_後.JPG

 Dカンというのはこれのことです。 ↓

Dカン見本.jpg
(ヒモの幅に合わせたDカンをお選びくださいね?)

<材料>-----------------------------------------------------------------

 ・Dカン2個 (ヒモの太さに合わせて)

 ・肩かけ紐 : 長い方 約75センチ ×1本
          短い方 約60センチ ×1本 
   (長さは折り返し分含む。カラーテープでも、共布で作ったものでも)

------------------------------------------------------------------------------


<Dカンの取り付け方>

【1】 まず、2個のDカンを、長いヒモの方(背中から肩を通って胸に回ってくる方)に
通します。 ↓

Dカンひも通し.jpg

【2】 そのまま縫い止めます。 ↓
Dカンひも通し_縫い.jpg

【3】 そのDカンに、短いヒモを通して連結します。

    通し方はこう。 ↓

Dカンひも通し_下.jpg

【4】 これが完成図です。 ↓

Dカンひも通し_下テープ.jpg

 出来あがりは、こんな感じ。 ↓

ユニオンジャックショルダー_前.JPG ユニオンジャックショルダー_背負ってみると.JPG

 私は、下のヒモが長すぎてヒラヒラするので
カラーテープで作った輪っか(黄色い部品)を下のヒモに通しておいて止めました。
(<材料>で書いた長さは、長すぎたのを調整した後の長さです)

 この輪っかの部品、目立つ色で作っておくと、
被災地で安全上の観点からもいいと思います。(万がいち、どこかで倒れたりしても
人の目に止まるので。同じような考えかたで、被災地に寄付された自転車の色、
黄色の目立つ色にしたというニュースを見ました)

 なので、実は長い方のヒモ側にも、Dカンを取りつける前に
取り付けちゃいました。前から見ても後ろから見ても黄色が見えるように。




Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

◆長さ調節できるヒモの作りかた(1)◆コキを使う方法 ~被災地に手づくりバッグを~

 今回は、前回からの続きです。

 杖を使うかたのためのショルダーバッグを作る際に
「ヒモの長さを調節できるようにしたいなあ・・・」と思ったかたのための、
『ヒモの作りかたシリーズ』、その1◆(プラスチック)コキを使う方法◆です。

 つまり、こういう感じで2本のヒモを連結します。 ↓

大入り+黄色紐_コキ.JPG

 今回調べて初めて私も知ったのですが、この部品、「コキ」というらしいです。 ↓

コキのみアップ.JPG

 ひもの幅に合わせてコキの幅も選んで下さいね。
(ちなみに、上の写真で使っている蛍光黄色のカラーテープ(アクリルテープともいう)は
巾25ミリです。

<材料>-----------------------------------------------------------------

 ・コキ   :  1個 (ヒモの幅に合わせたもの)  

 ・肩かけ紐 : 長い紐 :95センチ前後    ×1本 
           短い紐:40~60センチ程度 ×1本
 (カラーテープでも、共布で作ったものでも)

------------------------------------------------------------------------------

 写真のバッグでは、背中から肩を経て胸に来る方のカラーテープ(長い方)は95センチ、
短い方は40センチにしてみました。(両方とも、縫いつけ分や織り返し分込み)

 結果、短い方がちょっと短すぎてあまり長くする余地がない気がするので
男性用の場合、短い方は60センチくらいはある方がいいと思います。
おじいさんだと、私よりも身長があるひともいると思うので。
(ちなみに私の身長は163センチ、わりと肩幅の立派な女子です(笑)。)

 なお、 私の場合、ナナメ掛けバッグは左側にバッグが来るようにヒモをかけるので、
それに合わせてコキが前に来るように取り付けてみました。
 でも、ナナメ掛けのバッグが左か右かは使うひとの好みなので、
コキが前に来るか後ろに来るかは使っていただくまでわかりませんね(笑)。


 ------で、肝心の取り付け方ですが。


<コキの取り付け方>

 一番いいのは、ご自宅にあるお手持ちのリュックとかの長さ調節の部分を見て貰うこと
だと思います。が、コキが使われている物がご自宅に無いときのために
図解すると。 ↓

コキ_ひも縫い方_サイズ.jpg
 緑色の点線が縫う部分です。

 こんな感じで、長い方のひもは縫いつけます。(折り返し分6センチくらい。
これ以上短くしようとするとミシンの「送り」が上手くいかなかったので、このくらいあると
普通に縫えます)

 なお、コキへのヒモの通し方は。 ↓

コキ_通し方.jpg
 抽象的に言うと、一番外の枠にはヒモをからませません。

 で、短い方のひもはコキに通しているだけで縫わないのです。
ここでちょっとキレイに作るコツを伝授すると------。

 カラーテープ(アクリルテープ)の場合、切る前に両端を
よ~く見てみると。なんだか溶けているように「固いはじっこ」がある時があります。
(熱で溶かして切っている)

 これを、短い方のヒモの、ヒラヒラさせる方に使うと、
カラーテープがほつれてきません。(普通は断ちっぱなしだと糸がほつれてくる)
なので時間がたってもキレイに使えます。

コキ_下のひも_通し方.jpg
 下のヒモも、抽象的に言うと一番外枠には絡ませない感じ。
外の四角い枠は、ひもを通し終わっても見えています。

 で、出来あがり。 ↓

大入り+黄色紐_コキ.JPG

 ------ね?四角い外枠はキレイに「黒い四角」に見えているでしょ?




Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

◆作り方◆一番カンタンなショルダーバッグ ~被災地に手づくりバッグを~

Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html



 前回書いたように、ショルダーバッグ、緊急募集中です。

 ------というわけで、微力ながら、ワタクシ
以下一番カンタンなショルダーバッグの作りかたを紹介させていただきます。

 なお、以下の作りかたは、あくまでもバッグ作り初心者さんのために考えたものです。
「ショルダー・・・作ってもいいんだけど、どうやったらいいのか見当もつかない・・・」というかたのために
一番簡単にショルダー・バッグを作るにはどうしたらいいんだろう・・・と
無いアタマを捻りました。

 というわけで、(やっぱりせっかくの手作り企画、バリエーションがあった方が楽しいので)
バッグ作り中級者以上のかたや、
普段から洋裁・和裁に親しまれていらっしゃるかたは
ご自分のお好きなデザインのショルダー・バッグを作って下さいね?

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


 さて、以下ショルダーバッグの作りかた、本題です。

 ・・・もしも、あなたが既に手提げバッグを作り終えていらっしゃるなら、
以下の方法でショルダーバッグを作ることが出来ます。

<材料>-----------------------------------------------------------------

 ・肩かけ紐 : 紐の長さを調整しないタイプなら110センチ程度 
  (カラーテープでも、共布で作ったものでも)

 ・既にお作りになった、タテ長の手提げバッグ
  (ハリのある生地の方が向いています)

------------------------------------------------------------------------------

 ------ハイ、たぶん今ご想像された通り、
あなたが既にお作りになった手提げバッグに肩掛け紐を取りつけるだけです(笑)。
それで、メッセンジャー・バッグというものを以下、作っていきます。

ただし、このバッグ作りに向かない手提げバッグがあります。
 なので、残念ながら以下の条件に当てはまってしまう場合は、
ここまで読んでいただいたのに大変申し訳ないのですが、
ショルダーバッグにはせず、
そのまま手提げバッグとしてGran-Bagプロジェクトにお送りくださいね。お願いします。
(もちろん、あなたの心のこもった手提げバッグもとても有難いのです)


<メッセンジャー・バッグに向かない手提げバッグ>

〔その1〕 ポケット付きで、そのポケットが上半分に付けてあるもの

〔その2〕 手提げの紐が長めのもの
 (実際試作してみての感想ですが、紐が40センチあるとデザイン的にキビシイです。
 おそらく、38センチ以下がベストではないかと)


 まず、手提げバッグを用意します。私が用意したのはこちら。 ↓

 オモテ面はポケットなし。

大入り+黄色紐_前.JPG

 ウラ面はポケットありの縦長バッグです。

大入り+黄色紐_後.JPG

 ポケットがついていても、こういう感じに(↑)下半分についているなら材料として使えます。


 なお、私が試作してみたバッグは、出来上がりサイズで

●タテ43.5センチ×横33センチ、
●マチ5センチ(マチをつけなければタテは46センチになります)
●手提げヒモ35センチです。

 これで、下の出来上がり写真の様なバランスになります。



作り方

 ポケットの付いている側の面(ウラ面)にのみ、
図の位置2箇所に肩かけ紐を縫いつけます。

簡単ショルダー.jpg
 緑色の部分を縫います。

 縫う順番はこう。 ↓
とめ縫い.jpg
 この順序で縫うと、負荷がかかりやすい上の部分が二重に縫えます。

 ※バッグが既に袋状になってから縫いつけているので
  くれぐれも、余計なところまで縫わないようにご注意ください。

  特にミシンで縫うときは、うまくオモテ面はよけながら縫って下さいね?
 (真っ直ぐ線を縫って方向転換するごとに余計な布が下に入り込んでないかを
 チェックすれば大丈夫。------Let's try!)


 で、縫い上がったら、こんな風に折って使います。

大入り+黄色紐_メッセンジャー.JPG

 はい、メッセンジャー・バッグ、いっちょ上がり☆

 ところで、さっきの「メッセンジャー・バッグに向かない手提げバッグ」の条件なのですが。

 ご覧の通り、バッグを2つに折って使いますので、
ポケットが上半分に付いているとポケットがひっくり返ってしまうので、
中味がバラバラと落ちてしまう恐れがあります。

 そして、手提げヒモが長すぎると
バッグの底面より下にそのヒモがぷら~んとなってしまいます。
これはデザイン的に可愛くないだけじゃなく、実際的にも何かに引っ掛かりそうでコワイ。
というわけで、メッセンジャーバッグを作るときは、手提げヒモは短めがいいと思います。



 このバッグは、普段はショルダー・バッグとして、
荷物の多いときは手提げバッグとして、2ウェイに使えます。
 こんな風に。 ↓

大入り+黄色紐_持ってる_前.JPG

 肩掛けヒモを使わないときは、こんな風に、ポケットにヒモを収納できると便利です。↓
(なので、ポケットのある面にヒモを縫い付けました)

大入り+黄色紐_持ってる_後.JPG



 なお、「ヒモの長さを調節できるようにしたいけど、やりかたがわからない」
というかたのために、次回以降ではヒモ関係について作りかたを掲載する予定です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ショルダーバッグを特にお願いします ~被災地に手づくりバッグを~

Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg


  みなさまからお寄せいただいたバッグは、
↑ こんなポスターと共に現地入りする予定です。

 お気づきになったかもしれませんが、プロジェクトのマークとは文字が微妙に変わっています。

(ご当人たちを前にして「おばあちゃん」「おじいちゃん」というのは
お気を悪くされるかも・・・と考えた末に、こういう言葉に落ち着きました)

 ------はい。「Gran-Bag プロジェクト」の「Gran」は、
ここから------「Grandmother」とか「Grandfather」「Grandparent」------から取りました。
たぶん、みなさんうすうすお気づきだったと思いますが(笑)。


 ところで、◆第2次募集◆が始まりました。

 そこで、みなさまにお願いがあるのですが、
可能なかたは、、ショルダーバッグの方の制作もぜひお願いいたします。

 杖を使うかたに優先的に差し上げるのですが、
途中から募集を始めたこともあって数が足りません。よろしくお願いいたします。


 ・・・というわけで、近日中に
比較的簡単に出来る、ショルダーバッグの作りかたを掲載する予定です。



Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

◆第2次募集◆ ~被災地に手づくりバッグを送ろう~

Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html


 HP上では4月28日必着という風になっていますが、
このあと第2次募集があります

 ですので、「もう締切に間に合わないから・・・」とアキラめているあなた
どうぞ今からお作り下さい。(※ただし、宛先が変わる予定です)

 詳しくは、近日中にHP上で発表されますのでお待ちくださいね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

杖を使うおじいちゃん用ショルダーバッグ ~被災地に手づくりバッグを送ろう~

 今度は、おじいちゃん用ショルダー。

ユニオンジャックショルダー_前.JPG ユニオンジャックショルダー_後.JPG

 前回のおばあちゃん用ショルダーバッグと並行して制作していたから
出来上がりが早い。(・・・だいぶ、バッグ作りも慣れてきたなあ)

 このバッグも、片側掛けにもナナメ掛けにも対応できるように、
ヒモの長さ調節が出来るように作ってあります。

ユニオンジャックショルダー_ひも.JPG

 背後から肩を通ってくる紐の端にはDカン(っていうんだっけ?)が2つ付けてあって、
もう一方の紐------下から胸を通ってくる紐------をそのDカンで挟んで下におろす
という連結の仕方。(この書き方でわかるかな~?)

 Dカンは、手持ちであったパーツを使いました。
なんでも取っておく「もったいない体質」が珍しく役に立っている(笑)。

 で、黄色いパーツは、余ったヒモを固定するのと、
ちょっと目立たせて人目を引くために。(安全上っていうか、薄暗いところでも目立つために)

 それに、うまくするとこの黄色のリングの所に杖が掛けられるかも?

 ------で、このショルダー、背負うとこんな感じです。 ↓

ユニオンジャックショルダー_背負ってみると.JPG

 一見地味です。
でも、この私が作るので、このまま終わらせません(キッパリ)。

 おじいちゃんが、お買い物とかをしようとバッグを開けようとすると------
中から、こんな模様が出てきておシャレ(?)です。 ↓

ユニオンジャックショルダー_中味.JPG

 ユニオンジャックの布が素材入れに余ってたから縫い付けちゃった(笑)。

 以前にも書いた、「羽裏の方が派手」方式ですね。
こういう遊びゴコロ、大好き(笑)。おじいちゃんたちも楽しんでくれるといいな[黒ハート]



Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg


 以前の募集から、いろいろ追加されて募集されました!


手提げバッグ以外に肩掛けバッグも募集になりました★

   ※特に杖を使われる方々に贈ります。


大人向けの巾着・ポーチ・小物入れ・風呂敷・ハンカチ→既成品、手作りともに



以下のものは、これまでと同様募集しています。

●手づくり手提げバッグ
●既製品の綺麗なバッグ(男性用に限り ※おじいちゃん用が足りないため)
●バッグを入れる紙袋
歯ブラシタオル など



ご興味があるかたは、詳しくはコチラへ↓

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

杖を使うおばあちゃん用ショルダーバッグ ~被災地に手づくりバッグを送ろう~

 今回は、杖を使うかたのために「ショルダーバッグ」が追加募集されたのを受けて
作ってみました。

 これまでも、肩にも掛けられるように手提げバッグのひもを長めに作っていたりしたのです。
なぜかというと、杖を使われる方は肩にかけられる方が良さそうだし、そうでなくても
いざというときのために(例:転んで手をつかなければならないとき →よくつまずく人間の発想ですね(笑))
両手が使えた方がいいので。

 なので、ショルダーバッグの追加は喜ばしいと思ったし、
そろそろ締めきりが気になる時期に入って
今から作って下さるかたは少なそうだなあ・・・と思ったので、いっちょ作ってみる気に。


えんじ+紫ひもショルダー_前.JPG えんじ+紫ひもショルダー_後.JPG

 端切れで作ってみた横長バッグです。たしかウール・ジャージ
夏に向かうこの時期暑苦しいかな・・・と思う反面で、柔らかいものに触れると心が落ち着くかな
・・・とも思ったので。

 型紙は、これまでのバッグを横に倒しただけ。
ひもの部分は綿ピケ。長さを調節できるようにリボン結び出来る感じにしました。

(実はこのヒモ、別プロジェクトで作ったのが余っていたので
臙脂に会いそうと合わせてみました)

 最初は、ひもと共布のポケットを付けただけだったんだけど、
少しさびしかったので、むかし端切れでパッチワークを作りかけて放置したまま
だったものがあったので縫い付けてみました。(こんなんばっかしですね・・・笑)

 ------で。実際に肩にナナメ掛けしてみたら。
バッグの口の部分がパックリと開いちゃうので、急遽、真ん中に紫の綿テープを縫いつけ、
結べるようにしました。ひもの端には重りがわりにもちっちゃな飾り付き。 ↓

えんじ+紫ひもショルダー_ダルマ.JPG
 ダルマさんです。真ん中にヒモを結ぶという発想は、手持ちのエスニックのバッグからいただきました。

 ちなみに、ウールジャージ1枚だと伸びちゃうので・・・と
縫い合わせた裏地の柄はこんな感じ。↓

えんじ+紫ひもショルダー_裏地サボテン.JPG

 なんだか、自分でも楽しいバッグになったと思いました。




Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg


 以前の募集から、いろいろ追加されて募集されました!


★手提げバッグ以外に肩掛けバッグも募集になりました★

   ※特に杖を使われる方々に贈ります。


大人向けの巾着・ポーチ・小物入れ・風呂敷・ハンカチ→既成品、手作りともに



以下のものは、これまでと同様募集しています。

●手づくり手提げバッグ
●既製品の綺麗なバッグ(男性用に限り ※おじいちゃん用が足りないため)
●バッグを入れる紙袋
●歯ブラシ・タオル など



ご興味があるかたは、詳しくはコチラへ↓

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

募集の追加 ~被災地のおばあちゃんとおじいちゃんに手づくりバッグを送ろう~

Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg



 以前の募集から、いろいろ追加されて募集されました!


★手提げバッグ以外に肩掛けバッグも募集になりました★

   ※特に杖を使われる方々に贈ります。


大人向けの巾着・ポーチ・小物入れ・風呂敷・ハンカチ→既成品、手作りともに



以下のものは、これまでと同様募集しています。

●手づくり手提げバッグ
●既製品の綺麗なバッグ(男性用に限り ※おじいちゃん用が足りないため)
●バッグを入れる紙袋
●歯ブラシ・タオル など



ご興味があるかたは、詳しくはコチラへ↓

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ベーシック+ポップなバッグ ~被災地へ手づくりバッグを~

 前回第4弾と並行して作った、第5弾のバッグ

 ご覧の通り、ベースは同じ布を使っています。
でも、持ち手が。 ↓

ベーシック+黄色ひも_前.JPG
 蛍光黄色の持ち手です。目立ちます。ポップ(?)です。

 だって、だって・・・以前うちのおばあちゃんが
「(年をとると)目が薄くなってよく見えない」って言っていたんだもん。

 そういうおじいちゃんだっていらっしゃると思うのです。
そうすると、地味目の布に地味目の紐だとよく見えないんじゃないかなあ・・・と。

 なので、余震が来たときに薄暗くても目立って
パッと持ち手を掴めるように、ビビッド・カラ-の持ち手をチョイス(笑)。

 ちなみに、上で登場したワタシのおばあちゃん、その後
片目だけ白内障(だったと思う)の手術を受けて視力が良くなったら、

「自分のカオにあんまりにもシミがあったので驚いちゃったわよ」
と怒ってました・・・昔、『〇〇小町』と呼ばれたらしいから(笑)。

 閑話休題。

 バッグの背面側には、ブルーのギンガムチェックのポケットが2つ。
ちょっとしたものを入れるのと、ペン用。

ベーシック+黄色ひも_後.JPG


 このバッグ、ご覧の通り、前回(第4弾)のバッグとポケット以外のパーツが共通です。
なので、持ち手を地味にしちゃうと、2つのバッグの区別がつかなくなっちゃう恐れもあり
あえて間違えようのない持ち手にしたのです。

 前回のバッグと今回のとを並べるとこんな感じ。 ↓

ベーシックバッグ×2_前.JPG ベーシック×2_後.JPG
 ・・・ね?左から2番目と3番目が(持ち手を除いて)ソックリになっちゃうでしょ?

 ちなみに、この2つのバッグ、両方とも裏返しても使える
リバーシブルです。↓

ベーシック紫裏×2.JPG
 けっこうポップ。特に黄色い紐の方が(笑)。

 ・・・このバッグを手にしたおじいちゃん、こちらの紫のギンガムチェックの方で
使ってくれないかなあ(笑)。


 なお、ワタクシの今回のバッグ作りのコンセプトは
「バッグを見たひとが、チラリとでも微笑んでくれる、そんなバッグ作り」です。

 なので、ワタクシに「なんか・・・地味だ」と認定されたバッグには、
こんなオマケがついてます。↓

ベーシックだるまさん.JPG

 このダルマさん、
おじいちゃんがバッグを使うときにチラ見せ的な位置に縫い付けちゃった。

 ・・・ダルマさん、がんばって笑いを取るのよ(笑)。



Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
前の10件 | -
-|2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。