So-net無料ブログ作成
検索選択

地味系? おじいちゃんのための和風手提げバッグ

 さて。ここのところ「バッグの作りかた」ばかり掲載していたので、
作ったバッグの写真も掲載したくなりました。

 というわけで------たぶん、エントリーナンバー8かな?------
おじいちゃん向けの和風の手提げバッグです。

黒ギンガム+和柄バッグ_手提げ_後.JPG

 「・・・ショルダーバッグを募集しまくっているのに
なんで、当人は手提げバッグを作っているの?」と思われたアナタ。

 実は、このバッグも当初
「一番カンタンなショルダーバッグの作りかた」で
http://gran-bag-project.blog.so-net.ne.jp/2011-04-28
ショルダーにしようとしたのです。

 でも、待ち針で肩掛けヒモを仮止めしてみたら
どうもバランスが良くなかった------そう、私が以前「一番カンタンなショルダーバッグの作りかた」で
「手提げの紐が長めのもの」はメッセンジャー・バッグに向かない
と発言したのは、このバッグで実感したからだったのですね。

 というわけで、このバッグがあったからこそ
次のバッグの持ち手は35センチと短くして
無事にメッセンジャー・バッグを作ることが出来たのでした。

 というわけで、このコはそのまま手提げバッグとして出品(笑)。

黒ギンガム+和柄バッグ_手提げ_後.JPG

 一見地味なバッグですが、

実は意外と派手なのです。

黒ギンガム+和柄バッグ_手提げ_前.JPG

 それは、このポケット。ユーモアいっぱいの和風柄です。
それに持ち手のカラーテープも、実はライトで反射してキラリと光るライプです。

 そして何より、バッグの中側。↓

黒ギンガム+和柄バッグ_手提げ_裏.JPG
 裏返すとこんな感じ~(笑)。

 例によって、一見地味だけど中側の方がハデ☆な隠れたオシャレ、という
羽織の裏地方式なのでした(笑)。

 「和」の柄の中に『七転び八起き』という文字があったので、
一見地味なこのバッグにも、ダルマさんの縮緬刺しゅう、縫いつけときました(笑)。
(地味だとイタズラしたくなるのです(笑)。)
 
黒ギンガム+和柄バッグ_手提げ_ダルマ.JPG



Granプロ【グラン・マ】minimini.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。