So-net無料ブログ作成
検索選択

◆作り方◆一番カンタンなショルダーバッグ ~被災地に手づくりバッグを~

Gran-プロ【マーク】ver.1.0.jpg

「Gran-Bag プロジェクト」
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html



 前回書いたように、ショルダーバッグ、緊急募集中です。

 ------というわけで、微力ながら、ワタクシ
以下一番カンタンなショルダーバッグの作りかたを紹介させていただきます。

 なお、以下の作りかたは、あくまでもバッグ作り初心者さんのために考えたものです。
「ショルダー・・・作ってもいいんだけど、どうやったらいいのか見当もつかない・・・」というかたのために
一番簡単にショルダー・バッグを作るにはどうしたらいいんだろう・・・と
無いアタマを捻りました。

 というわけで、(やっぱりせっかくの手作り企画、バリエーションがあった方が楽しいので)
バッグ作り中級者以上のかたや、
普段から洋裁・和裁に親しまれていらっしゃるかたは
ご自分のお好きなデザインのショルダー・バッグを作って下さいね?

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


 さて、以下ショルダーバッグの作りかた、本題です。

 ・・・もしも、あなたが既に手提げバッグを作り終えていらっしゃるなら、
以下の方法でショルダーバッグを作ることが出来ます。

<材料>-----------------------------------------------------------------

 ・肩かけ紐 : 紐の長さを調整しないタイプなら110センチ程度 
  (カラーテープでも、共布で作ったものでも)

 ・既にお作りになった、タテ長の手提げバッグ
  (ハリのある生地の方が向いています)

------------------------------------------------------------------------------

 ------ハイ、たぶん今ご想像された通り、
あなたが既にお作りになった手提げバッグに肩掛け紐を取りつけるだけです(笑)。
それで、メッセンジャー・バッグというものを以下、作っていきます。

ただし、このバッグ作りに向かない手提げバッグがあります。
 なので、残念ながら以下の条件に当てはまってしまう場合は、
ここまで読んでいただいたのに大変申し訳ないのですが、
ショルダーバッグにはせず、
そのまま手提げバッグとしてGran-Bagプロジェクトにお送りくださいね。お願いします。
(もちろん、あなたの心のこもった手提げバッグもとても有難いのです)


<メッセンジャー・バッグに向かない手提げバッグ>

〔その1〕 ポケット付きで、そのポケットが上半分に付けてあるもの

〔その2〕 手提げの紐が長めのもの
 (実際試作してみての感想ですが、紐が40センチあるとデザイン的にキビシイです。
 おそらく、38センチ以下がベストではないかと)


 まず、手提げバッグを用意します。私が用意したのはこちら。 ↓

 オモテ面はポケットなし。

大入り+黄色紐_前.JPG

 ウラ面はポケットありの縦長バッグです。

大入り+黄色紐_後.JPG

 ポケットがついていても、こういう感じに(↑)下半分についているなら材料として使えます。


 なお、私が試作してみたバッグは、出来上がりサイズで

●タテ43.5センチ×横33センチ、
●マチ5センチ(マチをつけなければタテは46センチになります)
●手提げヒモ35センチです。

 これで、下の出来上がり写真の様なバランスになります。



作り方

 ポケットの付いている側の面(ウラ面)にのみ、
図の位置2箇所に肩かけ紐を縫いつけます。

簡単ショルダー.jpg
 緑色の部分を縫います。

 縫う順番はこう。 ↓
とめ縫い.jpg
 この順序で縫うと、負荷がかかりやすい上の部分が二重に縫えます。

 ※バッグが既に袋状になってから縫いつけているので
  くれぐれも、余計なところまで縫わないようにご注意ください。

  特にミシンで縫うときは、うまくオモテ面はよけながら縫って下さいね?
 (真っ直ぐ線を縫って方向転換するごとに余計な布が下に入り込んでないかを
 チェックすれば大丈夫。------Let's try!)


 で、縫い上がったら、こんな風に折って使います。

大入り+黄色紐_メッセンジャー.JPG

 はい、メッセンジャー・バッグ、いっちょ上がり☆

 ところで、さっきの「メッセンジャー・バッグに向かない手提げバッグ」の条件なのですが。

 ご覧の通り、バッグを2つに折って使いますので、
ポケットが上半分に付いているとポケットがひっくり返ってしまうので、
中味がバラバラと落ちてしまう恐れがあります。

 そして、手提げヒモが長すぎると
バッグの底面より下にそのヒモがぷら~んとなってしまいます。
これはデザイン的に可愛くないだけじゃなく、実際的にも何かに引っ掛かりそうでコワイ。
というわけで、メッセンジャーバッグを作るときは、手提げヒモは短めがいいと思います。



 このバッグは、普段はショルダー・バッグとして、
荷物の多いときは手提げバッグとして、2ウェイに使えます。
 こんな風に。 ↓

大入り+黄色紐_持ってる_前.JPG

 肩掛けヒモを使わないときは、こんな風に、ポケットにヒモを収納できると便利です。↓
(なので、ポケットのある面にヒモを縫い付けました)

大入り+黄色紐_持ってる_後.JPG



 なお、「ヒモの長さを調節できるようにしたいけど、やりかたがわからない」
というかたのために、次回以降ではヒモ関係について作りかたを掲載する予定です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 8

yamada

はじめまして。こんにちは。
こちらのプロジェクトを知り、ご協力したいと思っていたのですが
どういうデザインの肩掛けバッグにしたらいいのか、とても悩んでいて
作るのを諦めかけていたのですが
こうして、具体的にデザインと使い方を教えて下さり、
とても納得し、制作意欲がわいてきました。
ありがとうございました。
送り先は既に聞いておりますので、連休中、頑張って作って、お送りさせていただきます。
by yamada (2011-04-28 18:06) 

けい(K.O.K)

>yamadaさま

 ありがとうございます。そう言っていただけると
ブログを書いた甲斐がありますです。ホントに嬉しい☆

 ひも、縫いつけるとき本当に注意して下さいね~。

 余計なところを縫っちゃうと、ほどくのが大変です。私自身、
かなりおっちょこちょいなのでやりがちなので、珍しく慎重に
直線ごとにチェックを入れてました(笑)。
by けい(K.O.K) (2011-04-28 18:27) 

まゆり

はじめまして^^
私もこのプロジェクトに参加して、先日手提げバッグを送ったのですが
ショルダーはなかなかハードルが高くて作りませんでした^^;
これだと簡単でよいですね。
子供関係の支援グッズも作っているので
ショルダーまで手が回るかまだわかりませんが
時間が取れたら作ってみようと思います!ありがとうございました^^
by まゆり (2011-04-29 08:10) 

けい(K.O.K)

>まゆりさま

 ありがとうございます。
ぜひぜひお時間がありましたら作ってみて下さいね。

 まゆりさんのブログも覗かせていただきました。
すごい作品数ですね。お忙しいでしょう。
あまり根を詰め過ぎないでくださいね。
by けい(K.O.K) (2011-04-29 13:37) 

まろんママ

はじめまして^^こんばんは~
アメブロから飛んできました。

手提げなど協力させていただいています。
おじいちゃん、おばあちゃん用は先日送りました。
巾着を何枚か作り今日初めて、参考にさせていただき『ショルダーバッグ』を作りました。
しっかりした生地だったので1枚で作ったのですが、やはり合わせ生地のほうが良いのでしょうか?

とっても作りやすい説明で、ありがとうございました。
私のブログに記録として作ったものはUPしています。


by まろんママ (2011-04-29 19:27) 

けい(K.O.K)

>まろんママさん

 あれれ、リンク先に行けません・・・?

 お役に立てたのなら良かったです。
 しっかりした生地なら1枚でも大丈夫だと思いますよ。私が使ったのは
けっこう薄手だったので合わせ生地でした。
by けい(K.O.K) (2011-04-29 19:39) 

minK

はじめまして!
こちらのプロジェクトを知りまして、せっせと縫っていたのですが
決まった方型があったみたいなので、途中でどうしようか?と
思っていたのですが・・・
自己流のどうっていうことはないBAGでもいいのでしょうか?
記事をよんでいましたらよさげ???とも、思ったり・・・
すみません。
by minK (2011-05-09 12:00) 

けい(K.O.K)

>minKさん

 ショルダーのサイズはわりと自由に募集されています。
というのも、こういういきさつがありまして・・・。 ↓

 『Gran-Bag プロジェクト』では、当初タ
テ長型の手提げバッグ(縦40以上、横30-35以上 )を募集していまして、
その際にだいたいのサイズは決まっていました。
(あまりバッグの大きさで不公平にならないように、と。といっても
作っているうちに2・3センチの誤差が出ることはあるのでそれくらいならOKと)

 でも、その後、「ヨコ長の手提げ(縦30-35以上、横40以上 )でもOK」となり、
その後「杖を使われる方のために、両手を開けられるショルダーが欲しい」
というご要望がありまして・・・。

 で、ショルダーバッグに当初の手提げバッグのサイズをそのまま適用すると
杖を使うかたには大きすぎる・・・?ということになり、
ショルダーはわりと自由にお作り下さい・・・的になってます。

 私も、実際に作って、肩に掛けてみて思ったのですが、
手提げサイズをそのままショルダーにすると、
普段から大きめバッグを持っている私でちょうどいい。------ってことは
比較的若くて元気なおじいちゃんなら大丈夫そうだけど、小柄で痩せ型、
しかも杖を使っているとキビシイかな・・・と。(私は、身長163センチ、
女子にしてはけっこう体格がいいのです。こんなおばあちゃんは滅多にいません(笑)。)

 なので、このブログでも、
手提げを2つに折るタイプの、エッセージャー・バッグを
ショルダーとしてご紹介しました。(折ると小ぶりになるので)

 でも、普段から大きなバッグを好まれているかたもいらっしゃるでしょうし、
いろいろなタイプのショルダーを私も作ってみています。

 ・・・こんなので、ご参考になるでしょうか?

 詳しくは ↓
Gran-Bag プロジェクト
http://ameblo.jp/handmadetotebag/entry-10861025328.html

by けい(K.O.K) (2011-05-10 12:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。